ふじまるシステム

何か出来ることはないかとブログを始めた社会人です。アドセンスで収入を得られるか奮闘中。まだ当分無理そうですが、頑張って続けて行こうと思います!

プログラム

【SQL】UNION ALLの活用方法

投稿日:2019年8月31日 更新日:

販売データの実績を取るときのSQLで異なる期間のデータを比較したい時がありますよね。例えば本年の実績と前年の実績を取って前年比を出したいなど。

2回クエリを実行して画面上で計算させるのもいいですが、一回のクエリでとれた方が便利です。

そんな時はUNION ALLを使えば実現できます。

目次

サンプルコード

サンプルはこんな感じです。

select
	sum(A.売上台数) as 売上台数,
	sum(A.売上台数2) as 売上台数2,
	(sum(A.売上台数)/sum(A.売上台数2))*100 as 前年比
from (
	select 
		売上台数,
		0 as 売上台数2
	from
		売上実績
	where
		年 = 2019
		
	UNION ALL

	select 
		0 as 売上台数,
		売上台数 as 売上台数2
	from
		売上実績
	where
		年 = 2018
	) as A

結果は以下のようになります。

売上台数売上台数2前年比
5000650076.92

解説

まず、下記のような年をキーにした売上実績テーブルがあるとします。

・売上実績

売上台数売上金額
201850001200000
201965001500000

単純に2018年の売上台数を取得したいときのSQLは以下のように書きます。

select 売上台数 from 売上実績  where 年 = 2018

結果は以下になります。

売上台数
5000

最初に記述した通りこのSQLを年を変更して2回実行して値を取って、画面上で計算させるものいいのですが、シンプルではありません。

そういう時はUNION ALLで2つのクエリをひとつにまとめてあげます。

--①2019年の実績 ここから-----------------
	select 
		売上台数,
		0 as 売上台数2          //架空の0
	from
		売上実績
	where
		年 = 2019
--①ここまで-------------------------------
		
	UNION ALL

--②2018年の実績ここから--------------------
	select 
		0 as 売上台数,      //架空の0
		売上台数 as 売上台数2
	from
		売上実績
	where
		年 = 2018
--②ここまで---------------------------------

結果は以下になります。UNION ALLを使うことでレコードを合体していくことができます。

売上台数売上台数2
50000
06500

でもこのままではまだ使えないですよね。 架空の0も何なのか気になりますよね。

本当は下記のように1レコードで表示したいはずです。

売上台数売上台数2
50006500

そこでこの合体したSQLをひとつのテーブルと見なして、もう一度データを取得するのです。

架空の0の項目を作り、売上台数と売上台数2をずらしてデータを取得することでsumを使って足し算してやります。

そうなると上記のように2つのレコードがひとつのレコードになります。

架空の0がないと下記のようになってsumを使って足し算しても全部足してしまいます。

売上台数
5000
6500

sumした結果↓↓ これでは今回の要件には合いません。

売上台数
11500

よって以下のように書くと上手くデータを取得できます。


--④Aテーブルからデータを取得 ここから-----------------
select
	sum(A.売上台数) as 売上台数,
	sum(A.売上台数2) as 売上台数2,
	(sum(A.売上台数)/sum(A.売上台数2))*100 as 前年比
from (

--③UNIONした結果をひとつテーブルとする。(Aテーブル)
--①2019年の実績 ここから-----------------
	select 
		売上台数,
		0 as 売上台数2          //架空の0
	from
		売上実績
	where
		年 = 2019
--①ここまで-------------------------------
		
	UNION ALL

--②2018年の実績ここから--------------------
	select 
		0 as 売上台数,         //架空の0
		売上台数 as 売上台数2
	from
		売上実績
	where
		年 = 2018
--②ここまで---------------------------------
	) as A
--③ここまで---------------------------------
--④ここまで---------------------------------
	

最後に

はい、以上がUNION ALLの活用方法です。あくまで活用事例なので他にもいい方法があるかもしれませんのでご了承ください。

それではまた!

-プログラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SQL Select結果からUpdateする方法

こんちには、ふじまるです! この前久々に仕事でSQLでテーブル更新しようとしたらちょっと困ったのでメモしておきます。 Selectした結果を使って別テーブルをアップデートするときは以下のようなSQLを …

no image

テラデータ SQL 備忘録

こんにちは、ふじまるです!データベースにもいろいろありますが、仕事でテラデータのデータベースを触る機会があったのでSQLの備忘録を書いておきますね。 目次 件数確認テーブルのコピーテーブル名の変更Se …

【エクセル】抽選作業はこれで一発!ランダム抽選システム

こんにちは、ふじまるです! ランダムで抽選したいけどくじ引きとかするの面倒!とか、数百人もいるのに抽選が大変!ということありませんか? 今日はそんな時にエクセルがあれば一発で抽選できる仕組みを紹介しま …

no image

Google chrome、Microsoft edgeがエラーで起動できない。STATUS_INVALID_IMAGE_HASH

こんにちは、ふじまるです! 会社のPCでいきなりGoogle chromeとMicrosoft edgeのブラウザが両方エラーで起動できなくなりました。。。 エラーメッセージは「STATUS_INVA …

vbscript 経過時間(分)を求める方法

こんにちは、ふじまるです。 久々に自分の作ったプログラムを見直すことがあって、その中で経過分数を求めるプログラムがあったので書いておきます。 例えば11時から12時15分は何分あるかです。答えは75分 …

  • 56860総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 406昨日の閲覧数:
  • 37778総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 239昨日の訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2019年8月19日カウント開始日:
  • 100現在の記事: